RIDE ON REPORT CIRCUIT RIDE ON in OKAYAMA 2015.9.15

「HYOD RIDE ON in OKAYAMA」は"楽しみながらライテク向上"をテーマに、岡山国際サーキットにて2012年からスタートしたHYODスタイルのサーキット走行会です。

今年で4回目の開催となる岡山でのHYOD RIDE ONは、昨年につづいて最高の秋晴れとなりました。ビギナーからベテランまで参加が可能なこの走行会はリピーターも多く、西は福岡、東は神奈川など遠方からの参加もありました。また、思わぬサプライズもあり、HYODならではのサーキット走行会を思いっきり楽しんでいただきました。そんな様子を少しだけ紹介させていただきます。

朝早くからトランスポーターや自走してきたライダーが次々と来場。到着後、テーピングや車輌のチェックを済ませた後は参加者全員でブリーフィング。ここが最も重要なところ。コース説明からフラッグの種類、コースへの進入方法や追い越し方など、ビギナーはもちろんですが、ベテランライダーにもしっかり聞いていただきます。



今回インストラクターと先導を務めていただくのは、全日本ライダーの寺本幸司選手と亀谷長純選手です。経験豊富な二人のライダーにより、ブリーフィングでは、サーキット走行の心構えやルールなど楽しく、わかりやすく説明していただきました。

レザースーツに着替えて準備が整えばいよいよコースイン。インストラクターが各レベルに合わせて先導し、まずは完熟走行。希望者には完熟走行終了後も引き続きインストラクターに先導してもらい、実際に走りながらライン取りの手本を確認できます。


走行は午前と午後に分かれてそれぞれ30分×2の走行です。走行の合間ではインストラクターによるバイクを使ってのライディングのノウハウをレクチャーしていただき、次第に真剣に耳を傾ける方が集まってきました。プロのライダーによるレクチャーは経験に基づく内容なので説得力があり実践的でした。

インストラクターによるライディングレクチャーも終わって午後の2本目の走行がスタートした直後に思わぬサプライズが・・・。
ちょうど同じ日にマシンテストでサーキット入りしていたTEAM KAGAYAMAの加賀山就臣選手が、急きょHYOD RIDE ONに参加!なんと皆さんが走っている中に飛び込んでいきました。


まず、一緒に同じサーキットを走ることなんてめったにない経験ですよね。走行中目の前に突然、加賀山選手が現れた時のみなさんの様子が目に浮かびます。間近でTOPライダーの走りを見れるなんて羨ましいですね。しっかりとパフォーマンスも披露していただきはしている方も見ている方も大満足でした。

同じTEAM KAGAYAMAの武田雄一選手もサーキット入りしていたので今回のHYOD RIDE ONは豪華HYODフレンズが勢ぞろい。参加者からの記念撮影のリクエストにも快く応じていただきました。
タイムを縮めるだけではなく、いかに楽しく走れるか、いかにうまく走れるかに重点を置いた今回の「HYOD RIDE ON」は終始なごやかな雰囲気で楽しめたのではないでしょうか。

HYODオリジナルUSBメモリもうひとつHYOD RIDE ONならではの特典がHYODフレンズカメラマンの柴田直行氏による走行写真撮影です。走行写真のベストショット×1枚と集合写真をHYODオリジナルUSBメモリに入れてご参加いただいたみなさまにプレゼントします。
ライディングフォームを確認するにもいいし、SNSのプロフィール写真にもいいですね。

最後に、ご参加いただいたみなさま、インストラクターを務めていただいたライダーの方々、ご協力頂いた関係者のみなさま、そしてサプライズでイベントを盛上げていただいた加賀山選手と武田選手に、この場をお借りして御礼申し上げます。

今回、みなさまから頂戴したご意見を基に、次回も充実した内容で開催したいと思います。
またみなさまにお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。

PHOTO