RIDE ON REPORT CIRCUIT RIDE ON in TUKUBA 2017.5.23

2017年最初のHYOD RIDE ONが筑波サーキットコース2000にて開催されました。

当日は最高のサーキット日和!天候にも恵まれ、終始ドライコンディションの中、HYOD RIDE ONに初めて参加された方やリピーターの方もみなさんそれぞれ楽しく走行していただけたのではないでしょうか。

“HYOD RIDE ON”は、サーキット走行が初めての方からベテランの方まで、ライテクが上達することで安全にサーキット走行を継続して楽しめるようになることを目的としたHYODスタイルのサーキット走行会です。

インストラクターには、日本を代表するライダーのHYODフレンズがライディングフォームの基礎からベストなライン取りまで、普段ではなかなか経験することのできない全日本ライダーからレクチャーを受けていただけるのもHYOD RIDE ONならでは。
今回は、アサカワスピード代表の浅川邦夫氏、全日本ロードレース選手権に参戦中で5月の菅生ラウンドで見事勝利を飾った小室旭選手、全日本ロードレース選手権で活躍して現在は日本やアジアでサーキットアドバイザーとして活躍する亀谷長純選手の3名のHYODフレンズがインストラクターを務めてくれました。

走行前のブリーフィングでは、楽しく安全にサーキット走行ができるようにコース説明からフラッグの種類、コースへの進入方法や追い越し方など、初めてサーキットを走るライダーからベテランライダーまで安全に走行できるように説明を行います。
また、筑波サーキットのインストラクターも務める小室旭選手からは、筑波サーキット特有のレイアウトの説明もあり、亀谷選手からは理想のライン取りの事前レクチャーや、安全マージンをとった走行のレクチャーもあり、事前に参加者への安全意識が高まるブリーフィングになりました。

ブリーフィングが終わると、次は走行前のストレッチを行います。サーキット走行でベストなパフォーマンスを発揮するには、入念な準備が必要不可欠。バイクの準備だけでなく、身体や気持ちも整えていざコースへ!

今回が初めてのサーキット走行という方も安心。希望の方には、HYODフレンズが先導となってしっかりとライン取りをマスターできます。
全日本ライダーの走行を後ろから見て走るだけでも上達への近道。

走行の間のインターバルでは、HYODフレンズが積極的にピットをまわって個別アドバイスを行ってくれます。
初心者、経験者問わずわかりやすくレクチャーして頂きました。

走行後は、みなさんとってもいい笑顔!
今回、数年ぶりにサーキットを走った方や、「筑波サーキットは前回転倒してそれっきり・・・今回は転倒しない!」と意気込んでいた方も、転倒せずに完走!みなさん、思い思いの目標を果たせたようですね。

そしてHYOD RIDE ON ならではの特典がHYOD フレンズカメラマンの柴田直行氏が撮影した走行写真のフォトサービスです。走行写真のベストショットと笑顔いっぱいの集合写真をHYOD オリジナルUSB メモリに入れてご参加いただいたみなさまにお届けします。
ライディングフォームを確認したり、ご自身のSNS のプロフィール写真にもいかがでしょうか。

最後に、ご参加いただいたみなさま、インストラクターを務めていただいたライダーの方々、ありがとうございました。最高のコンディションの中、今回も“楽しみながらライテク向上”ができたと思っております。
次回も、より一層みなさまに楽しんでいただけるRIDE ON にしたいと考えております。
今回ご参加いただいた方はもちろん、これからサーキット走行にチャレンジしたい!という方も次回のHYOD RIDE ON でお待ちしております。

PHOTO