RIDE ON REPORT CIRCUIT RIDE ON in TSUKUBA 2019.10.29(TUE)

楽しみながらライテク向上”をテーマにしたHYODスタイルのサーキット走行会“HYOD RIDE ON”が筑波サーキット コース2000にて開催されました。
当日は、あいにくのウエットコンディションでしたが、普段あまり経験することのないウエットな路面でのライディングテクニックを習得する貴重な経験となりました。

“HYOD RIDE ON”は、サーキット走行が初めての方からベテランの方まで、ライテクが上達することで 安全にサーキット走行を継続して楽しめるようになることを目的としたHYODスタイルのサーキット走行会です。

インストラクターには、日本を代表するライダーのHYODフレンズが努めます。ライディングフォームの基礎から ベストなライン取りまで、普段ではなかなか経験することのできないトップライダーからレクチャーを 受けることができるのもHYOD RIDE ONならでは。

今回のインストラクターは、HYODフレンズのアサカワスピード代表の浅川邦夫氏、全日本ロードレースで活躍し、 現在はアドバイザーとして活躍する亀谷長純さん、小室旭さん3名が務めてくれました。

今回も、今日が初めてのサーキットデビュー!といった方からサーキット経験者まで、幅広い方にご参加いただきました。
走行前のブリーフィングでは、レベルを問わず“安全に”・”楽しく”サーキットを走るための走行マナーやフラッグの説明に始まり 今回は雨の中での走行ということもあり、ウエットな路面での走行アドバイスや注意点などをレクチャーしていただきました。

ブリーフィングが終わると、走行前のストレッチを行います。サーキット走行でベストなパフォーマンスを発揮するには、入念な準備が必要不可欠。
バイクの準備だけでなく、身体や気持ちも整えていよいよコースへ!

HYOD RIDE ONでは、サーキットデビューの方も安心して走行していただけるよう、 クラスごとに先導ライダーがつき、2週の完熟走行を行った後、フリー走行を行います。ご希望の方はそのまま先導走行もOK!

日本を代表するライダーの後ろを走るだけでもライン取りやライディングフォームが上達したように感じますよね。
インストラクターのHYODフレンズは、各々のペースに合わせながら先導したり、時には参加している方の後ろから ライディングフォームや走行ラインのチェックを行い、インターバル時にレクチャーできるように走行してくれます。

また、今回はウエットコンディションということもあり、ペースを落として走行する場面も見られました。 後ろからマジマジとトップライダーの走りを見ることができ、多くの参加者から大好評でした。

走行の間のインターバルでは、HYODフレンズが積極的にピットをまわってレクチャーをしてくれます。 バイクに跨ってのライディングフォームのチェックや、ジェスチャーを使ったアドバイスなど時間ぎりぎりまでPITを廻ってくれました。
みなさまこの機会にと、思い思いの質問をインストラクターに投げかけている姿が印象的でした!

今回初めてHYOD RIDE ONにご参加いただいた方からは、「また参加したい!」「トップライダーから個別レクチャー してもらえるなんてとても貴重な経験ができた!」と喜びのお声を頂き、RIDE ON常連の方も、「インストラクターからの 走行アドバイスもあり、ウエットコンディションの中で思いっきり楽しめた」とご満足いただけた様子でした!

そしてHYOD RIDE ONならではの特典がHYODフレンズカメラマンの柴田直行氏が撮影した走行写真のフォトサービスです。
走行写真のベストショットと笑顔いっぱいの集合写真をHYODオリジナルUSBメモリに入れてご参加いただいたみなさまにお届けします。
ライディングフォームを確認したり、ご自身のSNSのプロフィール写真にもいかがでしょうか。

最後に、ご参加いただいたみなさま、インストラクターを務めていただいたライダーの方々、ありがとうございました。ウエットコンディションではありましたが、今回も“楽しみながらライテク向上”ができたと思っております。
次回も、より一層みなさまに楽しんでいただけるRIDE ONにしたいと考えております。
今回ご参加いただいた方はもちろん、これからサーキット走行にチャレンジしたい!という方も次回のHYOD RIDE ONにぜひご参加ください。

PHOTO