FEATURES
More Comfortable, More Warm

レイヤリングとは

 

もうお馴染みのレイヤリング。ウィンター用なら基本的にベースレイヤー(下着を含む。吸汗・速乾・保温)、ミドルレイヤー(保温・防風)、アウター(防風・保温・プロテクション)の機能別に3層を重ね着する。上2層はまず間違えることはないけれど、ちょっと失敗しやすいのはベースレイヤーだ。短時間の街乗り程度ならまだいいけれど、ツーリングとなると、ここがポイントだ。コットンなど吸汗はしても速乾・換気(湿気を外に出す)機能がないと、汗が滞留して冷えに繋がる。HYODウエアだと、HEAT UNDER SHIRTSは必須で、さらに寒いときはHEAT UNDER SHIRTS+LONG SLEEVE FULL ZIP HEAT T-SHIRTS(このジップアップは温度調節に非常に便利で暖かい1着)、寒いけれども運動性も重視する場合はBOOST WARM UNDER SHIRTS+LONG SLEEVE FULL ZIP HEAT T-SHIRTSという選択が賢い。一般衣料なら吸汗・速乾・保温機能を持つものを必ず選ぶこと。

 

レイヤリングのポイント

 

その上のミドルレイヤーは好みもあるし、アスターとの相性、気温などによって様々な組み合わせが考えられる。たとえばアウターにST-X系のレザージャケットを選ぶと、ミドルレイヤーは動きやすさと着やすさを重視してダウンのSPEED-iD DOWN INNER JACがお薦め。ST-X系はスポーツライディングを基本にしているから、身体へのフィット性も高いので、かさばらず、重ね着したときのアウターと滑り具合が程良いリップストップタフタがいいのだ。もちろんダウンのミドルレイヤーは他のアウターにも良く合うので、機能性で言ったら中間着の代表だ。REVERSIBLE WIND BLOCK FLEECE INNER JACはぴったりサイズで。サイズが大きいと動きにくくなる。一般衣料のライトダウン系でも悪くはないけれども、ダウンの保温性や表地の強度、パターン(ライディングパターンではない)など中にはライディングに不向きなモノもある。

また、アウターがテキスタイルのパーカ/ジャケットだと、ST-Xレザーよりも余裕があるので、ダウンでもフリースでもOK。スポーティなWIND BLOCK 3LAYER INNER JACやカジュアルなREVERSIBLE WIND BLOCK FLEECE INNER JACはタウンユースのアウターとしてもいい。ミドルレイヤーとしてだけ使うならぴったりサイズがお薦めだけれども、アウターとしても使うなら1サイズ上でもいい。フリース登場以前はセーターがアウトドア用のミドルレイヤーの主役だったし、その保温性はかなり優秀。防風機能がないことと、アウターの裏地との相性を注意することを忘れずに。

 

ミドルレイヤーの中でもパフォーマンスアパレル系はアウターを脱いだときのカジュアルさが魅力で、タウンユースには最高。レイヤリングでは走りを重視するなら、ベースレイヤーはHEAT UNDER SHIRTSなど。WIND BLOCK ACTIVE FLANNEL SHIRTSやWIND BLOCK WARM DOBBY SHIRTSなら上にSPEED-iD DOWN INNER VESTを重ねてもいい。HEAT WAFFLE SHIRTSの上にWIND BLOCK SHIRTS系を重ねる場合は、ベースレイヤーが薄くないとガサつくので注意(BOOST WARM UNDER SHIRTSや一般衣料の吸汗・速乾・保温性のある薄いアンダーウエア)。また、カジュアルなWARM JACGUARD SWEATERはインナーを薄手にすれば問題ないけれど、下にWIND BLOCK SHIRTS系を着たい場合は窮屈にならないように1サイズアップするとか、シャツをもっと薄手にするなどちょっと工夫したい。

 

レイヤリングの一工夫


アウターでは、ベース+ミドルレイヤーが3枚以上になった場合や、動きやすさを重視した場合は、脱着式ウォームインナーを外すのもひとつの方法。これはミドルレイヤーと脱着式ウォームインナーの相性による。脱着式ウォームインナーもミドルレイヤーとして考えればいい。全体でトップスはアンダーウエアからアウターまで3〜4枚重ねが基本。暖かさはちゃんと各層で選んでいけばこの範囲で充分確保できる。厳冬期で4枚。街乗りなら3枚。ちょっとシャツ類を重ねても4枚。5枚になった重ね過ぎで、何か間違っていると思った方いいかもしれない。

 

ボトムスはベースレイヤー+アウターの2枚にアンダーウエア1枚でいい。本当に0℃近辺でロングツーリングならオーバーパンツを重ねるけれども、ST-W W-1/2 PANTSはウインターパンツST-W D3O® PANTS (STRAIGHT)のように直穿きしてもいい。HEAT UNDER PANTSだけでもいいし、一般スポーツ用のフリースパンツなど、ゴワつかない軽いものを穿くといい。

 

最後にネックウォーマーは必須。いくら綿密にデザインされたアウターでも首元まで完全に防風し保温できるわけじゃない。人間は首(特に頸動脈周辺)を保温するとかなり暖かく感じるものだ。一般的なマフラー類と違ってHYODネックウォーマーはウィンドブロックで、ヘルメットやジャケットとのも相性が良い(上手く隙間をカバーしてくれる)。デザインも豊富なのでアウターと合わせやすい。それとインナーグローブも便利だ。ロングツーリングでは手の平などの汗が冷えに繋がるので、吸汗・速乾性を強化して手をドライに暖かく保ってくれる。バイクにグリップヒーターが装着してあって、カウルやナックルガードの手への防風効果が高い場合は、オールシーズン用レザーグローブ+WARM HAND BOOSTERの方が快適だったりするぐらいだ。

 

ともかくウィンターシーズンのレイヤリングは、重ね着し過ぎず、重ねるウエアに種類・サイズを工夫することだ。暖かく、同時に動きやすくが基本。着ぶくれだけは避けてほしい。見た目にも良くないし、動きにくい=ライディングし辛い=安全ではないということだから。レイヤリングはセンス+知識。スマートに!!

 

 

items_h.png

items_productslineup.png
items_warmmiddlelayer.png
items_warminner.png

 

上へ戻る