ストアブログ STORE BLOG

HOME>ストアブログ

8耐SSTクラス優勝マシンがHYOD-PLUSにやってきた!

2015/11/13

今年の7/23〜26に、熱い戦いが繰り広げられた鈴鹿8耐。

今年はHYODフレンズの中須賀 克行選手と

ヤマハのニューYZF-R1が圧倒的な強さを見せつけ

見事に総合優勝を飾ったことはまだ記憶に新しいところです。

 

リリース前から各メディアでそのポテンシャルの高さが

話題になっていた2015年型・ニューYZF-R1。

マシンの改造範囲が極めて限定されるスーパーストッククラス(SSTクラス)でも

ヤマハ発動機社内チーム・磐田レーシングファミリー(IRF)を母体とする

「#14 teamR1&YAMALUBE」が

SSTクラス優勝(総合21位)を果たした事で

マシン本来の素性の良さがあらためて証明されました。

 

そして先日、鈴鹿8耐SSTクラス優勝ライダーで

我らがHYODフレンズでもあるIRFの時永 真選手が、レースを戦い抜いた

#14のYZF-R1とともにHYOD-PLUSに遊びに来てくださいました。

IRF時永選手12.jpg

時永選手、誇らしげなナイススマイルですね。

IRF時永選手24.jpg

 IRFはライダー&スタッフ全員がヤマハ発動機

またはヤマハ関連会社の社員さんなのですが

時永選手も普段はヤマハ発動機のモータサイクル開発部署にお勤めされています。

時永選手の担当業務は主にスーパースポーツモデルの操安評価や

様々な官能評価など。

いわゆる「開発ライダー」として、歴代のYZF-R1やYZF-R6の

開発に欠かせないお仕事に携わってこられました。

IRF時永選手33.jpg

 時永選手はIRFのエースとしても長らく活躍され

90年代は鈴鹿8耐の常連ライダーだったのですが

2003年を最後にライダーとしての8耐参戦は後進のライダーに譲っておられました。

しかし2015年、ヤマハ渾身のブランニューYZF-R1とともに

時永選手も8耐に12年ぶりに参戦、

同じく7年ぶりに参戦する元全日本チャンピオンの藤原儀彦選手

初参戦となるヨーロッパ・ヤマハ開発ライダーのジェフリー・デ・フリース選手と

トリオを組み、SSTクラス優勝を手土産に華麗なカムバック!

IRFや時永・藤原両選手とは昔から縁の深いHYODのスタッフが

まるで自分達のことのように喜んだのは言うまでもありません。

HYODレザースーツIRF1.jpg

 そしてこのたび、ヤマハ発動機(株)様はじめ関係者各位のご厚意で

HYOD-PLUS1階に#14 teamR1&YAMALUBE/YZF-R1レーサーを

展示させていただくことになりました!

息がかかる程の間近で、ホンモノのレーシングマシンをご覧いただけますよ。

記念撮影だって大歓迎です。 

YZF-R1M8耐仕様15.jpg
YZF-R1M8耐仕様2 6.jpg
YZF-R1M8耐仕様37.jpg

時永選手には普段からHYOD-PLUSによく遊びに来ていただいています。

皆様もひょっとして時永選手にお店で会えるかも?

その時は“開発ライダーのここだけの話”みたいな

オフレコトークをいろいろ伺えるかもしれませんね。

HYOD PLUSにて

ツーリング先の道中に潜む「意外な罠」

2015/11/08

こちらは先日11月1日に「道の駅くんま」で開かれたHYOD CAFEでの一コマ。

当日は早朝からたくさんのお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

皆様「ツーリング大好き!楽しい!」といった表情にあふれていて、爽やかにツーリングを楽しんでいるのがとても素敵でした。

HYOD CAFEでおくつろぎ1[1]9.jpgHYOD CAFEでおくつろぎ2.jpg

 ライダーなら誰もが大好きなツーリング。でも楽しいツーリングが思いっきりシラけてしまう“罠”が道中には潜んでいます。事故や転倒については皆様も普段から重々注意しておられるでしょうが、注意していても100%防ぐのが難しく、何年もオートバイに乗っていれば一度は経験する「意外な罠」…そう、「パンク」です。

ツーリング先でパンクってかなりガッカリ度が高いのですが、特に替えたばかりの新品タイヤがパンクした時のガッカリ度は相当なものです。

 バイクリアタイヤ

釘やボルト、ガラス片や鉄片や尖った石・・・公道にはパンクの原因になりうるあらゆるモノが落ちています。それらを逐一完璧に避けながら走ればいいのですが、それには超人レベルの動体視力や反射神経、集中力が必要でしょう。私たちフツーの常人が延々と路上の小さな異物を避けながら走り続けるのは無理がありますね。 つまり私たちフツーの常人がパンクを100%予防する手段はありません。

だからパンクしてからの処置が大切になってきます。

チューブレスタイヤならば、手軽にパンクの応急修理ができる「パンク修理キット」が各種発売されています。

 パンクリペアツール.jpg

これらの製品の使い方の原理は「パンク穴の外からゴムの栓をして穴をふさぐ」というもの。丁寧な説明書が付いてますから初めての方でも大丈夫。不測の事態に備えて、ぜひとも愛車の小物入れに備えておきましょう。

 

・・・ とはいえ、結局のところパンクに遭うor遭わないは運次第。でもパンクに遭う確率を下げるためにやれることも幾つかあります。

 

その1・路肩や交差点中央付近の走行(通過)はなるべく避けましょう。

道路の中で車やオートバイが通過する部分は綺麗でも、その脇の路肩や交差点中央はゴミだらけだったりします。そのゴミを観察してみると「何でこんなモン落ちてるの?」とビックリするモノも混ざっています。パンクの原因になりそうなゴミが落ちているのもよく見かけます。

 

その2・タイヤ空気圧の下げすぎに注意しましょう。

空気圧を下げるほどタイヤの接地面の面積は増えます。接地面が増えればそれだけ異物を踏む確率も上がりますし、空気圧を下げすぎればタイヤの剛性も下がり路面の凹凸でタイヤ自身、時にはホイールまでを傷め、それがエア漏れ(パンク)の原因になることもあります。

 

その3・交換時期が迫ったタイヤは早めに交換しましょう。

スリップサインが露出したタイヤの厚みは、新品時の60〜50%付近まで薄くなっています。当然、異物が刺さったら中まで貫通する確率も上がります。新品タイヤなら平気なはずの異物も磨耗タイヤで踏んだらあえなくパンク・・・ということはよくあります。

 

・・・なんといってもタイヤはオートバイの最重要機能部品、ツーリング出発前には空気圧や磨耗状態を確認しておきたいものです。事前に確認しておけば、安心してツーリングをエンジョイできますね。

 HYOD-PLUSを出発!.jpg

ツーリングの際はHYOD-PLUSをツーリングの出発地や経由地、あるいは終着地としてご利用ください。いつでも大歓迎いたします。

  

 HYOD‐PLUS PITファクトリーでは通常のタイヤ交換はもちろんのこと、パンク修理も承っております。出先でのトラブルもご遠慮なくご相談ください。

ツーリングを愉しむ

2015年11月1日(日) HYOD Cafe レポート

2015/11/04

2015年11月1日(日)

浜松市内の道の駅「くんま水車の里」にてHYOD Cafe”を開催いたしました。

 

“HYOD Cafe”とは、

フラッと立ち寄ったライダーの皆様にコダワリの美味しいコーヒーをふるまい、

居合わせた皆様方に歓談等、

自由に楽しんでいただける“場”をご用意するイベントです。

CAFE1.jpg

CAFE2.jpg

冬も近づき、年内の“HYOD Cafe”開催は今回で最後となります。

 

さて、“HYOD Cafe”当日ですが、

ずいぶんと寒さの強い明け方にもかかわらず、

朝7時の設営を済ませた頃には沢山のバイクが駐車場に入ってきました。

 

“HYOD Cafe”開催を知って来られた常連の方、

新たに参加していただいた方、

タマタマ通りかかった方、

車で子供連れの方、

CAFE3.jpg

バイクもライダーもバラエティに富む形で楽しんでいただきました。


自転車で山道を登って来られた方々に

「自分もライダーだよ」「HYOD使ってるんだ」という方も多く、

CAFE4.jpg

色々な意見交換をさせていただき大変勉強になりました。

 

午前9時半頃からは徐々に暖かさも増し、ポカポカと気持ちの良い陽気になりました。

すると駐車場に入ってくるバイクは更に増え続け、置き場所に困るほどの大賑わい!!

 

そしてなんと!?

“HYOD Cafe”始まって以来初めて、コーヒー豆が切れてしまいました・・・

コーヒーを楽しみに来ていただいた皆様には大変申し訳ございませんでした。

 

秋の走りたいタイミングに天候にも恵まれた事が、

普段以上に“HYOD Cafe”に集まっていただいた一番の要因かな?

と思っております。


沢山の方々に参加していただき、沢山の笑顔を見られたことに感謝いたします。

ごく一部にはなりますが、参加いただいた皆様のハッピーな写真を公開させて下さい。

CAFE05.jpg

 

 CAFE06.jpg


 CAFE07.jpg

 

CAFE08.jpg

 

CAFE09.jpg

CAFE10.jpg

 

CAFE11.jpg

 

CAFE12.jpg

 

CAFE13.jpg

 

CAFE14.jpg

 

CAFE15.jpg

 

CAFE16.jpg

 

CAFE17.jpg

 

CAFE18.jpg

 

CAFE19.jpg

 

CAFE20.jpg

 

CAFE21.jpg

 

CAFE22.jpg

 

CAFE23.jpg

 

CAFE24.jpg

 

CAFE25.jpg

 

CAFE26.jpg

 

CAFE27.jpg

 

CAFE29.jpg

 

CAFE28.jpg

 

CAFE30.jpg

 

CAFE31.jpg

素敵な笑顔とポージング、ありがとうございました!

 

来年も春から開催する予定です。

CAFE32.jpg

☆また笑顔で会いましょう☆

こんなイベントやっています

HYOD Cafe開催のご案内

2015/10/25

少し肌寒くなってきましたが、ちょこっと午前中、楽しくお茶しませんか?

2015年3回目の“HYOD Cafe を開催いたします。

 

日時:2015年11月1日(日)

場所: 道の駅「くんま水車の里」

時間:AM7:00〜お昼ごろまでを予定しています。

雨天中止の場合は前日までにHYOD-PLUS BLOGにてご案内します。

 

遠州のワインディングを気持ちよく駆け上がると、

豊かな自然に囲まれた静かな場所に道の駅「くんま水車の里」があります。

8月 HYODカフェ

元気に走るもよし、軽く流すもよし、その後はHYOD Cafeでくつろぎの時間をどうぞ。

 

HYOD Cafeに参加資格はありません。

バイクのジャンルは問いませんし、HYODアイテムを利用されてない方も大歓迎!

もちろん参加費は無料。

 

気負わず、そこに訪れたライダーの皆さまに楽しく過していただこうという催しです。

美味しいコーヒーでホッコリしながら

バイク談議(以外の話題も全然OK)に花を咲かせましょう。

HYODカフェ8

今シーズンご購入された方は、新しいHYODアイテム(当然他メーカーでも〇)

を身に着けて、試乗がてら、お披露目されてはいかがでしょうか?

「いいねー、それ!」なんて・・・

HYOD カフェ

遠方よりツーリング・・・

仲間たちと旅の途中に・・・

お散歩がてら・・・

タンデムで・・・

朝錬のついでに・・・

一人でフラッと・・・

 

HYOD-PLUSスタッフが笑顔でお出迎え。

ぜひ気軽にお立ち寄りください。

 

こんなイベントやっています

HYOD新作秋冬モデル“IN STORE NOW!!” HYOD-PLUS Vol.4

2015/10/22

10月も半ばを過ぎ、朝晩の寒さが日に日に増してきました。

そんな寒さも後押ししてくれているのでしょうか、10月3日からスタートいたしました

ストアイベント“HYOD-PLUS 16th アニバーサリーSALE”には、

新作の秋冬HYODコレクションをお求めに沢山のご来店、誠にありがとうございます。

2015AW店内.jpg

今回も、寒さに強い魅力的な新作が仕上がり、店頭に仲間入りしております。

前置きはこのくらいにして2015-16新作秋冬モデルのご案内をスタートいたしましょう。

 

HYODから秋冬モデルの新提案。

今までにない着心地と『軽さ』!「ST-W Lite」シリーズが誕生しました!!

冬のジャケットは寒さ対策に防風素材や保温素材等、機能が沢山盛り込まれて

重量増が宿命だったりします。

しかし今回は各素材の重量を見直し、それぞれ“軽さ”にコダワッテ素材選びをし、

全く新しいジャケットを作り上げました。

 

シリーズのトップバッターは

STJ805D ST-W Lite SLING D3O JAC ¥39,500+TAX

ライトシリーズの中では一番のスポーティデザイン(カラー:BRICK)。

 スリング01.jpg

軽いと、あんまり暖かくないんじゃないの?との声が聞こえてきそうですが・・・

 

中綿には軽さだけでなく暖かさと快適さを実現したインビスタ社のサーモライトを使い、

スリング02.jpg

裏地には熱を逃がさず保温・蓄熱するアルミプリントの熱反射素材も装備。

実際に着てみるとグングンとジャケットの中が暖かくなり、暑いくらいに感じました。

軽くてもちゃんと寒さに強い!

冬のスポーツバイクは「STJ805D」にオマカセ!

 

2番手は

STJ804D ST-W Lite GURZ D3O JAC ¥39,000+TAX

ライトシリーズで最もシンプルなライダースデザイン(カラー:BLACK/ORANGE-S)。

グルズ01.jpg

表生地に使われている素材は防風性と保温性に優れ、

グルズ02.jpg

柔らかく独特な風合いを持つ起毛素材は“淡い”色合いで優しい雰囲気を作り出します。

車種を選ばないジャケットなら「STJ804D」で決まり!

 

最後は

STJ803D ST-W Lite CELTIS D3O JAC ¥39,500+TAX

ライトシリーズのカジュアル代表。

セルティス01.jpg

冬ジャケットでは今までに無かった、フードが取り外せないモデルになっています。

首元に空間が出来るので、ネックウォーマー等で違う色味を加えてオシャレに着こなしたい。

 セルティス02.jpg

 フードのバタつき防止にストッパーも装備しています。

普段着使いも考えるなら「STJ803D」がNo.1!

 

 

最後にHYODレザーファンの皆様お待ちかね。

ST-XレザーJACの最高峰!

■HSL601SPD ST-X LEATHER [DEVAC SP D3O] ¥84,000+TAX

の登場です!(カラー:BLACK/RED)

デバックSP01.jpg

HYODレザースーツのフラッグシップ「ダイナミックシリーズ」の

ノウハウを盛り込みました。

スポーツ仕様でタイトなフィット感なのにとても動きやすい。

デバックSP2.jpg

脇の下を走るシャーリング等、運動性を上げるためのシステムが各所に盛り込まれています。

 

安全面では、

背中にD3Oプロテクター、レーシングスーツと同仕様の肩肘プロテクターを内蔵。

デバックSP3.jpg

転倒時のダメージを減らす、フラッシュドサーフェイスされた肩カーボンプロテクターと

 デバックSP4.jpg

ヒジのエルボープロテクトスライダーもレーシングスーツ譲りの装備でカッコいい。

デバックSP03.jpg

さらに背中にはネックガードまで付いて“いたれりつくせり”のフル装備。

 

 

人気集中の大人気モデルだけに、早めにHYOD-PLUSへGO!ですよ。

 

ただいまHYOD-PLUSでは、秋冬物の買い物が楽しくなる

“HYOD-PLUS 16th アニバーサリーSALE”を 11/8 (日)まで開催中です。

HYODの2015-16秋冬新作モデルも大分出そろってきたこのタイミングこそ、

着くらべたり、コーディネートを楽しむ絶好のチャンス!!

土日は店内でプチHYODカフェのおもてなし。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

HYOD PLUSにて

前の5件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の5件

HYOD PLUS Hamamatsu

HYOD PLUS Hamamatsu

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー