ストアブログ STORE BLOG

HOME>ストアブログ

コダワリが詰まった、究極のオリジナルマシン。

2015/09/03

今回はHYOD-PLUSにて、カスタムのご相談・お手伝いをさせていただいた

“コダワリ”が詰まったお客様の車両がついに完成され、ご来店いただいたところを

スナップショットさせていただいたのでご紹介します。

 

その、「コダワリ」マシンがコチラ

SC778.JPG

 

IMG_2900.JPG

こちらの車両、何の車両がベース車両となっているかおわかりですか?

 

SUZUKIの…???

 

難しいですよね?

それもそのはず、ベース車両となっているのは

こちらのマシン、SUZUKI DR800Sです。

(エンジンやフレーム・前後サスペンションのベースとなった車両がコチラ。)

1991_DR800S_red_side_900[1].jpg

1990年代初めにパリダカラリーやファラオラリーで活躍し

「砂漠の怪鳥」 「ファラオの怪鳥」と言われた

SUZUKIのワークスレーサー“DR-Z(ディーアール・ジータ)”の市販バージョンで

量産車世界最大(779cc)の単気筒エンジンを持つビッグオフローダーです。

 

ちなみにこちらが「元祖怪鳥」DR-Z。

fdc08e0447349e8dc98f05750b8190bc[1].jpg

HYOD-PLUSではハンドル廻り、ブレーキ廻り、ホイル等のご相談を

オーナー様よりいただきましたが、担当させていただいた私も

当初は正直頭の中に「?」マークがいくつも飛び回っていました。

 

しかし、オーナー様よりカスタム途中の車両の画像を見せて頂きながら

オーナー様と何度もご相談を重ねていくうちに

担当SATFFもお客様と共にワクワク、ドキドキ究極マシン作成のお手伝いが本当に

楽しくなっていました。

 IMG_2898.JPG

カフェレーサーっぽくをキーワードにセパレートハンドル仕様に。

ホイルは前後17インチ化、スポークの組付けは当店で行わせていただきました。

IMG_2903.JPG

お客様はこのマシンをツーリングでも使用されるので、パニアケース用ステーを装着。

 IMG_2905.JPG

お客様はこのマシンの作成のために、1年以上様々なショップを駆け巡っておられました。

そしてショップ各位への「感謝の印」として、テールカウル上部にショップ名をピンストで記したそうです。

光栄なことに、HYOD-PLUSのネームも真ん中に記していただきました。

 IMG_2904.JPG

いかがですか?

全体的なガラッと一新された車両も驚きではございますが

細部にわたりオーナー様の手の入れ方、コダワリ具合は?

 

HYOD-PLUSでは、タイヤ、オイルの消耗品のご案内、ご提案はもちろん

今回のオーナ様同様にご自身の愛車のカスタムプランを

同じライダーの目線を持ちながら共に楽しみ、ご提案を行っています。

 

夏休みを思いっきり楽しんできたライダーの皆様

今週末は、夏休みの思い出話と一緒に、愛車のカスタムのご相談に

ぜひHYOD-PLUSへ遊びにきてください。

 

STAFF一同、ご来店いただけるライダーの皆様と同じ目線で

心よりお待ちしております。

 

HYOD PLUSにて

2015-16新作秋冬モデル“HYOD Thea(ティア)シリーズ”ご覧ください。

2015/08/29

まだ、暑いかな?

少し早いかな?

っと思いながら、

HYOD-PLUS

先日HYOD-PLUS BLOGにて

ご案内しましたHYOD2015-16秋冬新作モデルですが、


予想以上に、HYOD-PLUSへご来店いただき

新作モデル(プロトモデル)を手にとり、試着され、ご予約されていく

お客様が増えています。

 

お客様の中には

「BLOGを見たから来たよ」

って言われると

本当にうれしく、感謝しきれないほど感謝しております。

 

そして今回のHYOD2015-16新作秋冬モデルのご案内は前回からのお約束

HYODウィメンズシリーズ(Theaモデル)のご案内です。

女性アイテムですのでいつも以上に撮影モデルSTAFFにはがんばってもらい

なるべく多くのカットを用意しました。

 

それではコチラから…

ウィメンズ HYOD ST-Xレザージャケットの唯一のモデル。

 

HSL901D ST-X LEATHER“IKULL thea D3O”

 

上品なレザーの風合いでお気にいりのデニムスタイルとキメてみるのが

カッコいいHYOD Theaの着こなしポイント。

HSL901D IKUL THEA1

さりげない腕部分のワンポイントのデザインレザーも

HYOD IDカラーのORANGEが良い感じです。 

 

HSL901D 5

カッコ良さと、可愛らしさのマッチング“thea”ロゴが隠れた人気です。 

HSL901D 3

オートバイを降りて近くにこんなレザージャケットをスタイリッシュに

着こなした女性がいたら…

ドキドキしちゃいません? 

HSL901D 4

そして続いてのモデルがコチラです。

 

フカフカのファー&フードが印象的な

 

◇STJ913D ST-W “NEO-iD thea D3O JAC”

STJ913DN NEO-ID THEA 1

ストリートでは、もはや定番となっているファー付フードでライディング中も首回り

からの冷たい風をシャットアウトしてくれます。

着こなしポイントはこれもまた、アパレルで注目度の高い

ミリタリーテイストアイテムをチョイスすることでライディングウェアと

思われない程、自然と着こなせます。

STJ913DN 2

フードは着脱可能です。

STJ913DN 3

最後にご案内させていただくモデルがコチラ。

着脱可能なウォームインナーをはずしてワインディングを
ALLシーズン楽しめるかも?

スポーツテイスト満載のアイテム。

◇STJ915D ST-W “iD thea D3O”
STJ915D ID THEA 1

すべて刺繍でのライン使いはHYODデザイナー

こだわりのラインの太さとデザイン配置なのです。

STJ915D 2

横からのデザインもなかなかきまっているでしょ?

 

冬場の寒さを考えてどうしてもワンサイズ大き目を選らびがちとなりますが

オーバーサイズは見た目にもカッコ悪く、機能的にもに冷たい空気が入り易く

逆に冬の寒さが身にしみて感じてしまう場合がありますので

サイズ選びの際はご注意ください。

STJ915D 3

いかがでしたでしょうか?

HYOD新作秋冬“HYOD theaシリーズ”のご案内は?

 

「他のカラーは?」

「プロテクター類の装備は?」

「私のサイズはどれぐらい?」

 

いろいろなご質問や、お問い合わせの声が聞こえてきそうですが、

そんなライダーの皆様はぜひともお近くのHYODストアへご来店ください。

各店のHYODスタッフが詳しくご案内させていただきます。

 

期待いっぱいに、夢いっぱいに

秋冬のHYODウィメンズモデルを見に来てください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

P.S

オートバイには乗らないよ…っと言う方や

気になるあの人へ、いつもの感謝の気持ちも含めて

HYOD秋冬アイテムでちょっと気のきくアイテムをプレゼント…したい。
なんて、方へはこんなアイテムもあります。
STI708 WB ACTIVE FLANNEL SHIRTS1

着回しのコーデが楽しい、

見た目はカジュアルテイストなフランネルシャツですが…

実は!!驚きの機能を併せ持ったHYODレイヤリング(重ね着)アイテムなのです。

STI708 2

こんな感じのアイテムもHYOD新作秋冬モデルではたくさんご用意しています。
次回のHYOD-PLUSのBLOGでは
「着回しが楽しくなるレイヤーアイテム」をテーマにご案内する予定です。

 

プロダクツ&コーディネート

数量限定!レーシンググローブのスペシャルカラーをご紹介。

2015/08/26

8/8(土)より予約受付を開始しました、

昨年に引き続き2回目の開催となる「マンスリープレミアム」

期間限定でHYOD自慢のリミテッドアイテムをご予約していただき、

通常モデルには無いスペシャルカラーでお渡しするという

完全予約制のプログラムです。


前回のブログ「今年もやります受注生産!マンスリープレミアム2015開催」にて、

その内容と選択可能なリミテッドアイテムの紹介を簡単にいたしました。


「マンスリープレミアム」への期待が予想以上に高く、「もっと詳しく教えて!」

といった声が多数届いてきております。


そこで、アイテム選びの参考にしていただけますよう、少しツッコんで紹介をしましょう。

今回は『数量限定』扱いになっている初登場アイテムをピックアップ!


それはHYODの自信作!

サーキット走行やスポーツライディングには欠かせない、レーシンググローブのトップモデル◇HRG101D『HYOD EVOLUTION D3O RACING GLOVES』

HYODが究極を目指したこちらのグローブには、

掌にグリップとのフィット感を高め、繊細なタッチを実現する“ピタードレザー”(黒い部分)を採用。

HRG101D.04.jpg

他にも転倒時、積極的に滑らせることで衝撃やダメージを減らす“XEINスライダー”や

HRG101D.05.jpg

手首の動きを妨げずにしっかりホールドしてくれる“クロスラインリストクローザー”等々、

HRG101D.06.jpg

使用するライダーに向けた細やかな配慮が他にも盛りだくさん。

そして何より新品を装着した瞬間から“馴染んでいる”ような動かしやすさは感動モノです。


この“究極のレーシングフローブ”をベースにしたスペシャル仕様がこちら。

HRG101DMP

『HYOD EVOLUTION D3O RACING GLOVES(Monthly Premium)』

2015MP06.jpg

BLACK/ORANGE・BLACK/GREEN・BLACK/BLUE ¥31,000(税別)

オレンジ・グリーン・ブルーと、3色特別カラーのリミテッドモデル。


イラストだけでは分かりにくいので通常モデルの写真をどうぞ。

101DMP01.jpg

拳と指に装着されたカーボンプロテクターがカッコいい!(カラーはBLACK)


HYODの主役アイテムであるレザースーツはカラーオーダーが可能です。

お客様の希望する色調や配色を反映させることが出来るのです・・・が、

レーシンググローブはレザースーツとセットで使われるのにカラーオーダーは出来ない・・・


そこで今回のマンスリープレミアム。

カワサキのスポーツバイクを愛車にされてる方にはタマラナイ“グリーン”カラー。

普段HYODでは、パンツ系以外で緑色のアイテムをあまりリリースしていないので、

これは数少ないスーパーチャンスの到来!!

この機会に装備品を全部緑に染めちゃうのも楽しいですね。


そしてヤマハやスズキのスポーツバイクにもピッタリな“ブルー”カラーもあります。

通常モデルのHRG101Dには青色の設定は無いので、こちらもスーパーチャンス!!です。


HYODフレンズのプロライダー達も愛用のHYODレーシンググローブの最高峰。

その素晴らしさはグローブに手を入れた時にハッキリ分かります。

コレはぜひ、体感していただきたい。


サイズ確認がてら、試着をしにHYOD-PLUSへ遊びに行きましょう。

お得なタイヤ・ヘルメットのキャンペーンも開催中(〜9/27)です。

プロダクツ&コーディネート

世界に1つのスペシャルスプロケット作ってみませんか!?

2015/08/23

夏休みはいかがお過ごしになられましたか?

今回は実は簡単にできて個性が出しやすい、意外と見落としがちな

カスタムパーツの一つ、スプロケットをご紹介させていただきます。

スプロケットは既製品を購入する方が多いのですが、

カラー変更やカスタムデザインなど、自分好みにアレンジ出来てしまう、

究極のカスタムパーツなんです。

xam.jpg857141_339365942847475_1370811129_o.jpg

リアアルミスプロケットはクラシックゴールド、シルバー、ガンメタ、ブラック、

ブルー、レッド、ピンク、パープル、グリーン、オレンジ、

ポリッシュ、硬質ブラウン(プレミアム)の12色から、

カラーアルマイトオーダーが可能です。

 

 

カラーアルマイト:スプロケット本体代金+2000円(税抜)
ポリッシュ:スプロケット本体代金+3000円(税抜)

 

 



P1010140.jpgP1010141.jpg

水圧転写という技術を御存知でしょうか?

水の上に転写したい画像を特殊な技術で浮かべ、印刷したい物を水

に潜らせますと・・・潜らせた物に印刷がのります!

塗装では難しい細かなデザインなどもスプロケットに表現できます。

普段気にしない足廻りも華やかになり、

簡単にできるドレスアップになること間違いありません。

 

ワンオフぺイズリー柄スプロケット

スプロケット本体代金+カシマコート+水圧転写ダイレクトプリント処理

参考価格:30000円

 

スプロケット交換のタイミングで、是非世界に一つだけのスペシャルスプロケットを

作製してみませんか!?詳しくはHYOD-PLUSスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

HYOD PLUSにて

HYOD-PLUS ピットファクトリーの “おもてなし”。

2015/08/17

ただいまHYOD‐PLUSでは9/27(日)までタイヤ&ヘルメットキャンペーンを開催中です。

おかげさまで、多くのお客様からタイヤ交換作業のご依頼を承っております。

 HYOD PLUS PIT

HYOD-PLUSのピットファクトリーでは、タイヤ交換の際に全ての車両に必ず行う作業がいくつもあります。それらは車両整備技術としてはごく基本的なものですが、どれもが欠かせない作業です。

そんな“地味だけど大切な作業”のいくつかをPICK UPしてご紹介しましょう。

 

1・アクスルシャフトは組み付ける前に、必ずグリスアップ!

 HYOD PIT こだわり1

この作業をご存じの方は多いと思います。

この作業の目的は「錆び付きによるシャフトの固着防止」です。

ホイールシャフトは水の侵入などで錆び付きやすいパーツです。雨天時走行が多い方、水洗車をマメにする方は特にご注意を。「私のバイクは新車だから大丈夫!」という方も要注意です。

実は新車でもシャフトにほとんどグリスが塗布されてない状態で出荷される車両が結構多いのです。

普段は目に見えないパーツですから、外した時にきっちりメンテすることが大切ですね。

 

 2・各種ボルトも組み付ける前に、必ずネジ山部をグリスアップ!IMG_3285.JPG

 こちらの作業はご存じでない方が意外と多いかもしれませんが、グリス塗布禁止箇所でない限りは締め付け前のボルトをグリスアップすることは整備の基本です。

作業目的は「ボルトの固着防止」もありますが、むしろ締め付け時の「ネジ山の破損防止」という理由のほうが大きいです。

当店ではボルト一本一本に筆でグリスを塗布していますが、同時にボルトの状態も細かくチェック。お客様の安全に関わる事ですから、ボルト一本の異常も見逃しません。

 

 3・主要部分の締め付けは、トルクレンチで正確にトルク管理!IMG_3294.JPG

 オートバイに使われているボルトの多くは、そのサイズ毎に「このくらいの力で締め込みなさい」と決められています。その際に必要になるのがトルクレンチ。

当店ピットではタイヤ交換の際に厳密なトルク管理が必要なボルトは全て、高精度トルクレンチを使ってトルク管理をしています。特に重要なのはブレーキキャリパーの取り付けボルト。絶対緩んではいけないところですので、必ずトルクチェックをします。

 

 4・最後はドライブチェーンもグリスアップ!

IMG_3295.JPG

無事タイヤ交換が完了してオートバイをお客様にお返しする前に、ささやかなサービスとしてドライブチェーンをグリスアップ。「せっかく当店で作業していただいたのだから、気持ちよくお帰りいただきたい」という気持ちを込めてます。

 

・・・当店ではスクーターからビッグバイクまで、様々な車種にあったタイヤを豊富にとり揃えております。

タイヤ交換のご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

HYOD‐PLUS(PITサービスご予約はコチラより…)

TEL 053-465-8282

HYOD PLUSにて

前の5件 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次の5件

HYOD PLUS Hamamatsu

HYOD PLUS Hamamatsu

最近のエントリー

カテゴリー

バックナンバー