Leather = 革 愛すべき革を縫う

200万年経っても人間はこの素材を愛してやまない。
表情豊かで、保護服用としての性能が良いから?
それともハンドメイドだから?

ROAD WEAR concept
-革-

HYODで使われるレザー=革は、食物連鎖の末の恵みだ。
牛であれば食肉牛か乳牛で、その残った皮をなめし加工などを施して革=レザーにしている。
残った皮を捨てずに利用することは、人間の英知によって生み出された。
わざわざ皮を取るために動物を殺すことはありえない行為で、
加工製品でさえワシントン条約で厳しく取り引きが制限されている。
この自然からの恵みを仕上げていく行為には、やはりハンドメイドが最適だ。
特にROMAN BLACKやレーシングレザースーツの場合は、
熟練したクラフトマンの手による作業が必須で、
その精度や品質を維持していく上でどうしても譲れないことなのだ。
正確にいえば、レザーは1枚1枚微妙に異なり、クラフトマンも1人1人個性があるから、
出来あがったレザーウエアは1着1着異なり、
それが世界でただ1つの存在になるということだ。

HYOD社内のクリエイティブファクトリー“Origin Works(オリジンワークス)”では、
そんな熟練したクラフトマンたちが日々レザーウエアを作り上げている。
パターンはコンピュータによる3D立体パターン(膨大なデータから数値を選び入力するのは人間だ)
だけれども、実際にミシンをかけるのは人間の手なのだ。
レザーもそれを縫い合わせるハンドメイドもノスタルジックな古臭いものではない。
素材も手法も常にアップデイトを重ねている。

-革-

古いけれども、常に新しい。レザーは、そういう宿命を背負って進化し続けている。