あの道の香りが・・・

夜明けの少し前、田舎道や
いつもの公園通りが不意に
神秘的に輝き出すことがある。
我を忘れるほどの道は実は
意外に身近に存在する。

ROAD WEAR concept
-道-

道の本当の美しさはいわゆる“絶景の……”だけにとどまらない。
どこにでもある普通の風景の中にも存在する。
適切な時間や陽射しを選んできちんと目を向けると、
裏山の林の曲がりくねった小道やいつもの街の公園通りでも異国の風の香りを運んでくることがある。
ITが進化し、家にいながらバーチャルで異国の道を体験できるようになっても、
実際の地球上には存在すら知られていない道がたくさんあり、そこを訪れる探求者を待っている。
グランドキャニオンには、メインルートから外れてダートを100マイルほど行くと
コロラド川の畔に出る秘密のルートがあるという。
途中にはデューン(砂丘)もあって水もガソリンスタンドもないけれど、
そこでは巨大な渓谷を独り占めすることができる。
トレンディドラマに登場する散歩道として有名な東京・中目黒の目黒川沿いの小道。
桜が散って川面にピンク色の絨毯ができる。
昔は目黒川もドブ川で臭いが酷くてとてもロマンチックな風情とは程遠かったが、
同じ場所でも“環境”でこうも違うのだ。

人の気持ちでも“状況”を変えてしまうだろう。
嬉しいとき、悲しいとき、何でもないときで、見える風景は見事に変わってしまう。
天候、時間、季節などの条件が複合的かつ複雑に絡み合い、2度と同じ風景に出会うことはない。
たたずんでいるだけで、何も気づかないままそのときが過ぎてしまうこともあるけれど、
たまには我を忘れるほど神秘的な色に染まる道と出会うことがあるかもしれない。

-道-