RACING STD
MINERVA D3O®

ロードレーシングが
スピードスポーツである限り、
レーシングスーツは“フィット”していて“動きやすく”あるべきだ。
レザースーツ=動きにくいという概念を覆した
HYODレザースーツの原点がここにある。

“ぴったりとフィットさせ軽く動くこと”をコンセプトに開発されたHYODのレーシングパターン。

独特の姿勢と激しいアクションを考慮して、平面=2次元の素材=革などで
構成するパーツの形・大きさ・数を変えて立体=3次元化、
具体的には前と後ろで構成されていたパターン(型紙)を、前・後ろ・サイド部分に
分割することにより、前傾するライダーを立体的に包みフィットさせることを実現しました。

フィット性と運動性の良さは快適性や安全性へとつながり、着心地が軽く、
ロテクター類をずれにくくさせることでハイスピードライディング用スピードスポーツウエアとしての
パフォーマンスを高めることに貢献しています。

HYODクラフトマンの
熟練した縫製技術を結集
ニュージェネレーションレザーが
オンリーワンの存在感を放つ

フラッシュドサーフェイスしたショルダーカーボンプロテクターとアウターに装備されたエルボープロテクトスライダーがさらに走りを極める。レースサポートで培った最先端のノウハウを余すところなく投入。

レザーを立体的な曲面加工する手法として生み出された
転倒によるダメージを最小限に抑えるHYODオリジナルのディバイドレザーパッチ。

転倒した際、肩とヒザがダメージを受けやすい箇所であることは今までのデータから歴然としています。しかもその箇所が「面」ではなく「点」でダメージを受けやすい場所になっています。従来のスーツでは立体を形成する際にその部分に縫い目が存在し、度重なる転倒等で糸のほつれや革の損傷が多く見られました。そこでその部分にできるだけ引っかかりがなく損傷を最小限に抑えることができるパッチの形状として考えられたのがディバイドショルダーパッチとディバイドエルボーパッチです。立体を構成する為の縫製には引っかかりの少ない縫い開きの手法をとり、一部のレザースーツには部分的にエンボス加工で強度を上げた型押しレザーを採用しています。

レザーを繋ぎ合わせてデザインを形作っていく“革”ならではのデザイン手法。伝統的なクラフトマンシップあふれる縫製がレザースーツの新たな価値を生み出す。

レザーを繋ぎ合わせてデザインを形作っていく“革”ならではのデザイン手法。
伝統的なクラフトマンシップあふれる縫製がレザースーツの新たな価値を生み出す。

レザースーツを革の切り替えでデザインする手法には、クラフトマンの熟練した縫製技術と細やかな心遣いが要求されます。神経を集中させ、一針一針丁寧に縫い上げていく姿には、HYODのモノ作りとHYODクラフトマンのスピリットが凝縮されています。レザーのしなやかさをできる限り損なわないように、レザーを適度に漉いたり、敢えて手間のかかる縫製方法をしたりするクラフトマンの創意工夫の先にはライダーありき。できあがったレザースーツがレーシングスーツという“ギア”でありながらも“作品”である所以。クラフトマンシップあふれるレザースーツに価値を見出し、根強いファンが多いのもこういった背景があるからです。