ロードウェアコンセプト

HYODが提唱する
ロードウエアコンセプトについて

聞きなれない言葉だが、実はHYODの製品にずっと息づいていたことだ。
モーターサイクルで走っているときも、街を歩いているときも、
お気に入りとして着られるようなデザインや機能を持ったウエアであること。
コンセプトはシンプルだが、意味は想像以上に深い。

HYODが製作したウエアは、誰が、どこで着ているのか。おそらく多くの人びとは、そのウエアを着て街を歩いていたり、お店の前でたたずんでいたり、峠道をモーターサイクルで走っていたり、それぞれの生活の中の“道”にいる。素晴らしい眺めの道も、胸躍るワインディングロードも、都会の街角も街路樹が続く道も、すべて“道”だ。そこで人生を楽しみ、生活し、日々を過ごしている。だからここで言う“道”とは、単なる道路のことだけではなくて、自分の生活や趣味の進むべき方向を示してくれる人の生き方という意味の“道”も含まれている。
道路という無機質な場所は、人がそこに思いを重ねることで、そこが特別な場所になってしまうことがある。そういう“道”は人生を豊かにしてくれる場所でもあり、行けば思わず微笑むところでもある。そして、そこではいろいろなコトが起こる。私たちがつくるウエアは、モーターサイクルに乗るときだけのものではない。“道”にいるときに、着ているものだと考えている。つまり、Road Wearだ。もちろんモーターサイクルライディングという究極のアウトドアスポーツでの機能・安全性・快適性・耐久性を持ちながら、街の生活にも違和感なく、自然に馴染むことを求めている。普段の生活にも趣味にも、いつも直結しているウエアでなければならない。これが私たちHYODが考えるRoad Wearという概念だ。ウエアの種類やスタイルではなくて、そういう思いを込めて、いろいろなウエアをつくっているということだ。

アウトドアウエアでもあり
タウンカジュアルでもある

ときには街に暮らす人のためのタウンウエアでもあり、また、あるときは冒険やアウトドアが大好きな人のためのアウトドアウエアでもある。
そして作りは常に最良でなければならない。
継承してきたクラフトマンシップと最新のテクノロジー。これはHYODでは欠くことができないモノ作りの精神であり手法だ。街で着るからといって機能が劣っていてはいけない。そのウエアに合った最適な素材と技術で作ってこそ、いつも快適で生活が楽しくなるウエアになる。私たちのRoad Wearはそういう考え方で製作しているから、一見カジュアルウエアでも、パフォーマンスも忘れてはいない。何かに囚われたりしないし、かといって守るべきことは守っていく。

Inherited Craftsmanship
and Latest Technology

進化と継承。モノを生み出す創造性は、旧いオリジナルを良く観察し理解してこそ発揮されると考えている。

アウトドアウエアでもあり タウンカジュアルでもある

レザーというマテリアルへの愛

ライディングウエアのひとつの究極形であるレザースーツ作りからHYODのモノ作りが始まった。そのマテリアルであるレザーからウエア作りを学び、技術を育んできた。レザーは自然からの恵み(多くは食物連鎖の末端にある)、厳しい環境へ人間が立ち向かうために使ってきた歴史あるマテリアルのひとつだ。だからこそ、大切に使わなければならない。だから私たちHYODは特別な愛情や敬意や感謝を持ってレザーに接している。おそらく、これからも、その思いは変わらない。人間が着る物の進化の中で、レザーの果たしてきた役割はとても大きい。食物連鎖から生まれたマテリアルだからこそ、ありがたく大切に使っていく。レザーを使ったウエアを作ることで、新たな命を誕生させることがHYODの使命だ。もちろんレザーというマテリアルも進化を遂げている。単に伝統を守っているだけの旧いモノではない。

多用途でグローバルなデザイン

ライディングウエアは、究極のアウトドアウエアでもある。当たる風のスピード、路面との擦れや衝撃の強さ、雨、発汗、スピードの中での体感温度などは、アウトドアスポーツの中でも本当に厳しい環境であり、要求される性能は非常に高い。だから最新のテクノロジーは積極的に取り入れていく必要がある。常識が一瞬で過去のものになるのが技術の世界。慎重に用心深く検証しながらも、臆病であったり否定的であってはならない。新しいモノは世界中で生まれているから、常にフェアな好奇心を持って探求することだ。こうしたグローバルなセンサーも必要だ。ただし、テクノロジーは道具であって、どう使うかはモノを作る人間次第だ。
ウエアは、本当はセーフティであり、全天候・全季節に対して万能でありたい。だから用途に対する応用性・多機能性はできるだけ持たせたい。これはアウトドアウエアとして非常に大切な性能だ。気温や天候などの変化に幅広く対応すること。街でもライディングでも自然に着られるお気に入りの1着でありたい。レーシングスーツやST-Xシリーズなどはライディングに特化したモノだが、これら以外は汎用性が大切で、どこで着るか、どう使うかは、着る人次第でいいと思う。
モーターサイクルの世界に限らず、人々の好み、取り巻く環境は多様化し、刻々と変化していくから、ウエアに求められる応用性や機能の拡張性は、今後ますます大切になっていく。デザインも機能もグローバルであることだ。

“道”のRoman

いつかは着てみたい、というウエアが誰にでもある。日常の生活の中でももちろんあるし、趣味の世界ではなおさらそんな存在があり、なくてはならない。何も高価であるとは限らない。TシャツもレザースーツやROMAN BLACKのジャケットも、着る人に喜びや豊かさをもたらすということでは変わりはないはず。HYODのウエアは、どれも同じ思いで繋がっている。

どこまでも続いているかのような真っすぐな道、終わりがないことを願うような素晴らしいワインディングロード、
魂の雄叫びをぶつけるサーキット、冒険心をくすぐる未舗装の道、素敵な出会いがありそうな街の道……。
“道”にいると人は感動したり、過去や未来に想いを馳せるものだ。
未だ見ぬ一生に一度は行きたいと思うような道もあるだろう。
何度行っても、また来たいと思う道もある。
同じ体験は二度とない。天気も風も陽光も違う。
だから人は“道”に出かける。

Hear Your Engine Ring

心のエンジンの音を聞いてみるといい。
どこへ行きたいのか、そこへはどんな道が続いていて、その先には……。
私たちがつくるRoad Wearが、そんな“道”に行くとき、
少しでも豊かさや歓びや勇気を与えてくるなら幸いだと思う。