RIDE ON REPORT CIRCUIT RIDE ON in OKAYAMA TC2000 2013.7.13

「ライディングテクニックが向上する事でますますバイクライフが楽しくなる」をそんなHYOD STYLEのサーキット走行会"HYOD RIDE ON"が2013年9月10日(火)に岡山国際サーキットで開催されました。

岡山国際サーキットでのRIDE ONは今回が2回目。前回ご参加いただいたリピーターの方も多く、オフィシャルサイトでの告知後はあっという間に定員に達してしまう大盛況で、改めてRIDE ONに対する皆様の関心の高さに驚きました。

開催日直前まで心配された雨や台風も、当日には予想以上の快晴となり絶好のサーキット日和となりました。今年も初めてサーキットを走るという方をはじめ、これからサーキットをもっともっと楽しみたい方やベテランライダーも交えて思いっきり楽しめた一日だったのではないでしょうか。
当日の朝は、緊張や不安の面持ちで受付をされていた参加者も多く感じましたが、帰るころにはみなさんが笑顔に変わっていたのがとても印象的でした。

今年もHYODフレンズの亀谷選手と武田選手をインストラクターに迎えて、ライディングフォームの基礎からベストなライン取りまで、普段ではなかなか経験できないレクチャーを受けていただくことができたと思います。

ご参加いただいたお客様、インストラクターを務めていただきましたライダーの方々、ご協力いただきました関係者の方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。

次回開催は、もっともっと上手くなりたい、来年こそは絶対サーキットデビューしたいとお考えの方もどんどんご参加ください。スタッフ一同楽しみにお待ちしております。

フォトギャラリーフォトギャラリー

走行前にブリーフィング開始。ここではコース関係者からフラッグの種類やコースの進入方法、コースアウトの方法の説明をじっくりとレクチャーします。特にビギナーの方には聞いていただきたいとっても重要な内容です。
その後は各クラスに別れて今日の走行内容など、亀谷選手、武田選手から直接ご説明いただきました。

フォトギャラリーフォトギャラリー

いよいよコースインです。まずはコースに慣れるため、インストラクターを先導に2周の完熟走行を行います。みなさん緊張している様子。

フォトギャラリーフォトギャラリー

休憩時間にはインストラクターが積極的にピットを回り、ライテクを伝授。亀谷選手はライディングに必要な下半身の重要性を力説。武田選手はコーナーへの進入方法やイメージをわかりやすく説明いただきました。

フォトギャラリーフォトギャラリー

集中して走った後はお腹が空きます。こちらは炊飯器やお鍋を持ち込んでの昼食。メニューはなんとカレーとハヤシライス。走る人も見る人も共にサーキットを楽しんでいます。

フォトギャラリーフォトギャラリー

HYOD RIDE ONでは、初めてサーキットを走る方も、ベテランライダーの方もカメラを向けるとこの通り、みなさん笑顔で応えてくれます。

フォトギャラリーフォトギャラリー

HYODオリジナルUSBメモリ走ることに次いで皆さんが楽しみにしていただいているのは、プロカメラマン柴田直行氏による走行写真撮影しょうか。前回のウエットとは違い今回は快晴のドライコンディションでの撮影だったので、ライダーも撮影ポイントが近づくにつれ気合入っているようでした。撮影した写真はHYODオリジナルUSBメモリに入れて参加者全員にプレゼントいたします。

フォトギャラリーフォトギャラリー

走行終了後にはインストラクターの亀谷選手と武田選手を囲んで記念撮影。今回も大変お世話になりました。

PHOTO